研究内容

縦型有機トランジスタの開発

当研究室で考案した新しい原理基づく有機トランジスタとして、「メタルベース有機トランジスタ(MBOT)」の研究を行っています。MBOTは、2枚の有機薄膜を3つの電極で挟んだ単純な構造でできており、有機トランジスタとしてはユニークな電流増幅作用をもち、大電流・低電圧動作が可能です。 また、その素子構造が有機ELに似ていることから、有機EL材料と組み合わせて、電流を増幅しながら光る「有機発光トランジスタ」を実現することができます。 動作原理の解明、材料の探索、電流増幅特性を活かした応用回路の研究などを幅広く行っています。

塗布型有機太陽電池の開発

主に、低分子材料を用いた有機薄膜太陽電池の研究を行っています。さまざまな材料研究グループとの共同研究により、通常のバルクヘテロ型とは異なる、新しい枠組みの有機太陽電池の創出を目指しています。  これまでに、光前駆体材料(奈良先端大 山田容子教授)を用いた塗布積層型p-i-n太陽電池、超分子材料(千葉大 矢貝史樹准教授)を用いたナノロッド有機太陽電池の開発などを行ってきました。また、光電圧損失を低減させるための新たな太陽電池材料の探索を行っています。

有機材料の分子構造とキャリア移動度の関係性の解明

物質の中で電流の担い手(キャリア)の動きやすさを表すのがキャリア移動度であり、もともと電気を流しにくい有機材料においては最も重要なパラメータの一つです。当研究室では、有機材料の分子構造と薄膜構造、そしてキャリア移動度の関係を明らかにすることを目標に、さまざまな材料の移動度評価や、より効率的なキャリア移動度の評価方法に関する研究を行っています。

新しい過渡吸収分光法の開発

分子の光励起状態を知る強力な手法として、過渡光吸収測定法があります。当研究室では(株)ユニソクとの共同研究により、サブナノ秒からミリ秒に至るまで幅広い時間領域の過渡吸収を測定できるRIPT(Randomly- Interleaved -Pulse- Train method)法を用いて、有機半導体分子の光電荷分離過程に関する研究を行っています。

CONTACT
大阪大学大学院 工学研究科
生命先端工学専攻 物質生命工学講座
有機電子材料科学領域
中山研究室

565-0871
大阪府吹田市山田丘2-1
GSEコモンイースト12F
>>アクセス
TEL:06-6879-7368
FAX:06-6879-7370