研究室紹介

 近年、有機ELディスプレイが実用化されてきているように、有機分子に電気を流して半導体として用いる「有機エレクトロニクスデバイス」が注目を集めています。超薄膜、フレキシブル、プリンタブル(印刷で作れる)、さらには生体適合性といった点で、従来の無機半導体とは異なる新しい可能性を切り拓く研究分野です。

当研究室では、有機電子材料(いわゆるπ共役系分子)が持つポテンシャルに着目し、材料の性質を活かした新しい有機エレクトロニクスデバイス(現在は主に有機トランジスタと有機太陽電池)の開発、そしてそれに適した新しい材料の創出を目指していきます。

「材料」とは単に物質という意味ではなく、何かに使うことを前提に物質を捉える言葉です。どのような物質が材料として優れているかを判断するためには、分子の性質とデバイス性能の関係、そしてデバイスがシステムの中でどのように使われるかまで、極めて幅広い階層の知識をシームレスに活用することが必要です。

当研究室では、「一分子」の性質をデザインする有機化学、分子が集まった「薄膜」の性質を明らかにする物理化学、そして「デバイス」の性能を議論する半導体工学(時には「システム」を設計するための電子回路工学)まで、異なる分野の視点を融合することにより、新たな有機デバイスの可能性を模索していきます。









CONTACT
大阪大学大学院 工学研究科
生命先端工学専攻 物質生命工学講座
有機電子材料科学領域
中山研究室

565-0871
大阪府吹田市山田丘2-1
GSEコモンイースト12F
>>アクセス
TEL:06-6879-7368
FAX:06-6879-7370